特定技能ビザを取得して日本で働きませんか。本校は留学生のみなさんを全力でサポートします!

2019年4月に、新たな在留資格「特定技能」が誕生。外食分野で外国人が就労できるようになりました。本校卒業生も、この制度を利用して日本で活躍しています。

日本料理をはじめとする各部門の飲食店、ホテル、サービス業等で就労が可能です。インバウンド需要が高まる現在、外国人スタッフの採用活動も活発になってきていいます。本校で、特定技能検定(外食部門)の合格を目指し、外食分野における幅広い業務での就労を目指しましょう!

本校卒業後、目指せる職種

  • 日本料理店、各種レストラン、カフェ等での調理スタッフ
  • 日本料理店、各種レストラン、カフェ等での接客サービススタッフ
  • ホテルの料飲部門でのキッチンスタッフ 等

本校は、調理師を養成して60年。歴史と伝統を誇る専門学校です。設置学科は、調理師科(1年制/昼間部/80名)です。

  • 食やホテル分野への就職実績が豊富です。
  • 1年で調理師免許を取得でき、学費が安いのが特長です
  • 2020年3月に卒業した留学生は、全員が特定技能検定(外食部門)に合格、日本国内で日本料理の専門店で活躍しています。

外国人留学生の声

卒業生(出身国 中国)

  • 日本で料理の幅を広げ、創意あふれる料理を作りたい。
  • 就職先/成田東武ホテルエアポート
  • 中国の専門学校で料理を学びましたが、就職したホテルで「もっと幅を広げたいなら日本で勉強しなさい」を師匠に勧められたのが来日のきっかけです。 聖栄を選んだ理由は、いろんなジャンルの料理が学べること、また一流シェフである特別講師の料理や考え方が学べること。学校の先生もみんなとても熱心で、何度も繰り返し教えてくれました。「自分が教えたのは3割。あとの7割は自分の努力が大切」という言葉がとても心に残っています。卒業後は日本で就職したいと思い、先生に成田東武ホテルを進めていただきました。外国人というハードルはありましたが、学校のサポートと、ホテルの方に自分の料理の経験や仕事に対する責任感を認めていただけたことが大きな勝因だったと思います。将来は、いろんな食材や調理法を取り入れながら、オリジナルの料理を出すお店を持つのが目標です。

卒業生TA VAN TIEP
(出身国 ベトナム)

  • 特定技能ビザを活かして、本格的に日本料理を学び、
    将来は母国に戻って開業したい。
  • 就職先/広尾 小野木(和食)
  • 日本料理を本格的に学びたいと考え、ベトナムから来日しました。聖栄を選んだのは、アルバイト先のお店の方たちが紹介してくれた中で一番良い学校だったからです。聖栄は最寄り駅から近く、デモルームや調理実習室などの設備がとても充実しています。調理実習では、日本料理以外に様々な料理、和菓子・洋菓子を学びました。嬉しかったことは、何度も繰り返し練習をすることで、一つの料理を完成させた時に、先生に褒められたことです。また、栄養学、食品衛生学などの専門知識も一生懸命に覚えました。授業以外の時間帯に、先生が漢字の勉強会を開いてくれ、熱心に教えてくれたので、調理用語や漢字を覚えることも出来ました。聖栄の先生方やクラスの友人は、とても親切だったので楽しく過ごせました。2月に外食業国内試験を受験し、合格できました。現在は、特定技能ビザを取得申請しています。卒業後は現在アルバイトをしている日本料理店で働いて、しっかりと技術を身につけ、将来はベトナムに戻り、自分のお店を持ちたいと考えています。

日本語が不安でも大丈夫、本校専任教員がサポートします。

本校に興味のある方は、体験入学に参加しましょう!

なお、9月以降は、体験入学以外に個別相談会(PM6:00~)を実施しています。

TOP